So-net無料ブログ作成

小2男子の日常 [育児]

夏休み明けて、学校の2学期がスタートしました。
週末に息子が持ち帰ってきたうわばき袋を、さあ洗うか〜、と逆さまに振ったところ・・・
ザバザバと小石混じりの砂が降ってきました。ギャー!!
そういえば、金曜日は避難訓練をすると言ってたっけ。うわばき履いて、校庭に避難したのかな。
それにしてもすごい量の砂だった!(怒)

ぱぱ出張のため、週末の息子の習い事の送迎が2件。朝から英語教室に連れて行き、ブランコ好きな娘を教室付近の公園で遊ばせました。午後はスイミング教室へ。待っている間に図書館にも行きました。
ギャラクシテイ2.jpg

日曜日は足立区のギャラクシテイに初めて行ってみました。無料で屋内のアスレチックやクライミングウォールなどができる施設ということでとても混んでいます。駐車場には最後の1台分のところに停められれてラッキー、と中に入ってみると、人気のコーナーには長い順番待ちの列!30分入れ替え制になっていて、小学生の時間・親子連れの時間が決まっています。人数の制限も有り。小学生の時間は割と空いていて、息子だけクライミングに挑戦しました。
ギャラクシテイ.jpg
ギャラクシテイ5.jpg
けっこう難しいらしい・・・

アスレチックに是非入ってみたかったので並ぼうとしましたが、開始30分ほど前に既に受付終了・・・というのを3回ほど繰り返し、お昼ご飯をはさんでようやく列に入れました。
中は荷物持ち込み禁止で写真が撮れませんでしたが上下に移動するネットの通路が大人にはとても細くて、網に絡めとられてしまいそうでした。しかし、珍しい遊具で面白かった〜。
ギャラクシテイ4.jpg


良い運動になり暑かったので、帰りにセルフのカフェでアイスを食べました。息子はさっさと食べ終わってレジの横にあったガチャガチャをじーっと見ていたところ、どういうわけか他のお客さんが運ぼうとしていた飲み物を頭からかぶり、文字通り頭からつま先までべとべとになってしまいました。あまりにもマンガみたいで笑いそうだったけれど、そこはこらえて、お店の人とお客さんには「目を離していてすみません」といちおう謝って逃げるように帰りました。(着替えを持っていてよかった。)
プラネタリウムもあるので、また行ってみたいな。

保育園と小学校 [育児]

4月・5月は保育園・小学校・学童保育の保護者会や家庭訪問、PTAの会合など行事の多い月でした。
それに加えて、定期検診に連れて行ったり、給食の食材にアレルギーがある子は病院で検査を受けてきて園長先生を交えて面談しましょう、というのもあったり。去年は診断書を出しただけで済んだのですが、園長先生が変わって決まりが厳しくなったみたい。子どものからだのことなので、ご心配いただけるのは、もちろんありがたいことなのですが。
保育園はもちろんのこと、小学校でも共働きのお家が多いので、保護者会やPTAの役員は全員平等にやるのが当然な雰囲気。どちらも、高学年になるほど大変だよ〜となかば脅迫めいた話を聞くのでさっさと引き受けました。できるだけ園と学校に協力はしたいと思いますが、あまり平日の行事が続くと、私のいるようなゆるい職場でも肩身が狭い感じです・・・。
世間では働く女性を増やそうとしているらしいですが、学校の先生たちにとっては嬉しくないことなのでは?
PTAがなくて、学童保育と一体型になっている小学校があればいいのになー。私立でお金がかかっても、人気出ると思うんだけど。
亀有.jpg

先々週の日曜日は、亀有駅前で学童保育の子どものお祭りに参加しました。5月なのに真夏のような暑さ。
この先、本物の夏がきたらどうなってしまうんでしょう。

子連れで法事 [育児]

先週末、私の祖母の法事のため、久しぶりに大森のお寺を訪れました。家族みんなで行く予定だったのですが、珍しくまこが熱を出してしまったので、私とさっちゃんだけ参加となりました。
叔母や従姉たちと久々の再会。(さっちゃんは初めて。)子どもたちはすっかり大きくなっていましたが大人たちはあんまり変わっていなくて、私も変わらないね〜と言ってもらって喜んでいました。
13回忌だったので、和やかに祖母を懐かしむ会のようになりました。お寺ではお坊さんに合わせて、やたらと長いお経を、紙を見ながらみんなで唱和。お坊さんが説明中に、父と叔母が老眼鏡を取りに走って行ってしまったり、まったく緊張感のない雰囲気で、さっちゃんたちものびのびしてしまい、騒ぎはしなかったものの膝の上で反っくり返ったりして暴れていました。
亀有4.jpg
会食して駅へ向かう途中、とても大きな滑り台のある公園があり、ちびどもは当然のように入って行ってしまいました。弟の子どもたちとさっちゃんの3人で延々と2時間近く遊び、コンクリートの滑り台を何回も滑ったのでズボンが擦り切れかかるほど。大人は黒服に黒い靴なので、砂ぼこりが目立つ〜!弟一家はその後、東京駅の妖怪ウオッチグッズのお店に向かいました・・・。お疲れさま!
亀有3.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

まこのピアノ発表会 [育児]

先週末はこの1年間の集大成、ということでピアノ教室の発表会と受賞者記念演奏会が2日続けてありました。出場する本人はそんなに練習熱心ではないのですが、やはり晴れ舞台は嬉しいらしく張り切って行きました。

記念演奏会の会場は六本木のサントリーホール。私も初めての所なので、おのぼりさんになってきょろきょろしてしまいました。室内楽用のホールでしたが、想像以上に広くて立派なところです。
出場者の子どもたちも、堂々と素敵な演奏をする子ばかり。大人顔負けです。女の子たちは衣装がど派手ですごかった〜!
発表会3.jpg
まこはと言うと、直前までいつものとおり友だちとふざけていて、レッスンの動画の入ったスマホを渡せば勝手にゲームしているし、緊張感0です。出番前に声をかけても耳に入っているんだかいないのか、見ている方が不安になります。始まったら、こちらが「あ〜!また同じところを間違えて・・・」とか思っているいるあいだにすぐ終わってしまいました。大ぱぱと大ままが見に来てくれましたが、いかがだったでしょうか。
発表会5.jpg

翌日は江戸川区のホールで発表会。朝9時からリハーサルが始まり、本番が開演し、ち上げパーティ終了(17:00)まで一日がかりでした。幼稚園児から大人まで大勢参加し、チェロとバイオリンとのトリオや親子連弾など素敵な企画もあって楽しい発表会でした。
まこは自分の演奏以外の時間はほとんどホールの外で遊んでいた様子。(ほったらかしてたので)人の演奏もちゃんと聴けるようになってもらいたいもんですが、まだ時間がかかりそうです。

近頃のさっちゃん
「さっちゃん、おとなになりたくないな〜」というのでどうしてか聞いたら、「おとなはしごとがあるからたいへんそう・・・」だそうです。
でも、今の希望は「大きくなったらバレンタインデーのチョコ作る人になる」ことです。

1年生の宿題 [育児]

まこの担任の先生はほぼ毎日、子どもに宿題を出します。
漢字の練習だったり、算数のプリントだったり、最近では百人一首を覚えてくる、なんていうものまで。小1には意味がわからないんじゃないかと思いますが、授業でカルタ取りをやっているようです。ちっともやる気のないまこは宿題のネタさえ持って帰ってきませんが・・・。そして、覚えていなくても速く取れると自慢しています。
プリントや漢字は学童でやってくることもありますが、やっていなくてもまったく気にしない。宿題は?と聞くと「ないよ〜」と確かめもせずに即答。連絡帳を見てやらせたりしますが、連絡帳に書いてこないときもあるので、そういうときこちらはまったく手出しできません。困ったもんだ。
さて、先週末はお手伝いについて作文用紙2枚分書いてくるという宿題がでました。
本人に、「お手伝いは何をする?」と聞いてもぜんぜん耳に入っていない様子なので、ぱぱに丸投げすることにしました。
ぱぱは、本人に意見を聞いたりはせず、独断でお手伝いは「いっしょに餃子作り」に決定!朝から材料を買いに行って準備し、材料を混ぜ合わせるところから教え始めました。まこは料理は嫌いじゃないので大人しくやり始め、「肉が冷たくて気持ち悪い」とブツブツ言いながらも混ぜ終わり、いったん手を洗って途中経過を作文に書き、皮で具を包むのもやりました。手伝いというよりほとんど遊びで、シュウマイ型やのっぺりしたのや、いろいろ好き勝手に作っていました。
宿題2.jpg
最後はぱぱが焼いて完成!
餃子はみんなのお昼ご飯になりました。作文は料理のレシピみたいなのができましたが、とりあえず終わらせたし、一石二鳥です。
またよろしくね〜。
宿題.jpg


本日のさっちゃん
保育園の帰りに私が「(お友だちの)○○ちゃんはシマシマの洋服でネコちゃんみたいだねー」と言うと、「ちがうよ!!」という返事。「ただの人間」、だそうです。


コンクール 2 [育児]

日本クラシック全国大会は12月末の仕事納めの日。半日仕事を休み、ぱぱとおばあちゃんにも見に来てもらいました。全国大会まで行けるなんて思ってもみなかったので、自分にとってはかなりすごいことだったのですが、まこは全く緊張感なし。スマホでメトロノームを聴かせて早さの確認を!と思ったら、友だちとゲームをして遊んだり、ふざけてばかり。本番ではいつも通りちょこちょこ間違えていました。演奏終了後、私は仕事に出て、夜家に帰ってから結果を教えてもらいました。友だちが入賞したのに、まこはあと1点の差で表彰してもらえなかったので、ぷりぷり怒っていたそう。でも、先生からは良く弾けていたよ、とお褒めの言葉をいただきました。

年が明けて次はベーテンの全国大会。お正月に旅行に行ってしまったので練習できない日もあり、12月の状態を維持するのが大変!コンクールももう最後だというのにまこは相変わらず練習をいやがっています。前日ぎりぎりまで先生に見ていただき、落ち着かないまま当日になりました。今回はペダルを踏みそこなって妙に間延びしてしまったり、今までになかった変な間違いをして、舞台袖で聴いていた私は思わず笑いそうになってしまいました。終わってからまこは、「ままが悪いんだよ。いつも間違えたところばっかり練習させるから」と変な理由をつけて八つ当たりし、ちょっとは気になっていたようです。友だちのママは、やはり子どもが少々間違えた箇所があったのをものすごく悔しがっていました。真面目な親子で、一生懸命やっていたからなあ。本当はコンクールに出ようとするのはそういう人間じゃないといけないんじゃないかと思います。

それでも、表彰式では友だちは見事3位!まこは4位に入賞することができました。本人もびっくりしていましたが、舞台で首にメダルをかけてもらって満足げでした。よかったね!!先生もとても喜んでくださり、ちょっぴり恩返しができたかな。

ベーテン.jpg

 これで全部終わって、やれやれほっと一息と思っていたところに先生から「3月の受賞記念コンサートに出た方がいいですよ!」とのお達しが。でも、それって発表会の前日だし、4位だし、無理にやらなくてもいいんじゃない?

先生がおっしゃるには「サントリーホールで弾けるなんて一生に一度かもしれないから、エントリー費用は高いけど都合がつけば是非とも出るべし」とのこと。・・・わかりました。まこは来るもの拒まずなので、また能天気に「でるでる〜」と言ってしまうし、あと少し、親子ともども頑張ることにします。

ベーテン2.jpg

 




コンクール 1 [育児]

昨年夏、まこは初めてピアノのコンクールに挑戦しました。練習は大嫌い、でも先生が好きだから続いているという状況なのに、どうしてこのようなことになってしまったのかというと。
先生はとても熱心な方で、今まで何人もコンクールに出る子どもたちの指導をしてきたので、今年は試しに習っている子全員に「出てみる?」と声をかけてみたのです。私は大変そうなのでうちはやめときます、と言っていたのですが、習っている本人が「やりたい」と言ってしまったのでしかたありません。ダメそうなら途中でやめればいいか、というつもりで。
5月ごろから練習が始まってみると予想通りで、ぜんぜんやりたがらないまこ。毎日おどしたりなだめたりしてピアノの前に座らせるだけでも、ものすごく大変!最初は特に、楽譜を読むのが難しいので怒って周りに八つ当たりです。予選用に2曲、その先に進んだとき用にもう1曲。先生に言われるがまま、ベーテン音楽コンクールのバロック部門と日本クラシック音楽コンクールにエントリーしました。
1曲は発表会で使った曲ですが、あとは新曲。とりあえず、7月から始まった予選を全部で3回受けることにしました。なかなか弾けるようにならないので、出場するレベルに達していない!と先生から止められるのではと期待(?)していましたが、何も言われないまま本番へ。
ベーテン5.jpg
最初の日本クラシック予選では、なんと出番直前になって足台を持参しなければならなかったことに気付き、びっくり仰天。(まだ脚が短くて床に届かないため、踏み台を置いている。)家と同じで足ぶらぶらでいいよね、なんて話していたら、幸いにも、まこの次の順番の方が良い人で、どうぞ使ってくださいと言っていただき、大変助かりました。ちなみに、その2年生の男の子は難しそうな曲をすごーく上手に弾きこなしていました。これぞ、コンクール!と感心。
予選はよほどのことがなければ通るらしく、出場した子たちのほとんどが合格。ベーテンの方も同様。まこも運良く両方予選通過できました。
ベーテン6.jpg
遊びまくった夏休みが明けて、本選が始まりました。夏で終わるものと思っていたのでこれは想定外。ずっと同じ曲ばかり練習しているので、気持ちはだれてきますが、先生のレッスンに行くたびに新しい課題を与えられ、音楽は奥が深いです。
レッスンの様子を録画しておいて家で復習するのですが、いつも晩ご飯後に無理やりピアノの前へひっぱって行くので「手が疲れた」とか「眠い」とか、本人にほとんどやる気はありません。せっかく家へ帰ってきてゆっくり遊びたいのになんで邪魔をするんだとぶーぶー怒っています。毎日けんかになってしまい、「やりたくないなら、やめればいいじゃん」と練習のたびに暴言をはいてしまいました。でも、不思議なことに「やめれば?」というと「やる!」という答えが返ってきます。 
周りから見たらきっと馬鹿みたいにみえるのでしょうが・・・。
ベーテンの本選ではボロボロに間違えました。一緒に出ている1年男子で、まこの友だちのママといっしょに「練習させるのが大変だねー」と苦悩を分かち合いながら、結果発表をぜんぜん期待せずに待っていたら、結果はまこは友だちと一緒に合格。えっ!?そんなもんなの?と思いました。
日本クラシックの本選1回目はホールではなく、狭いスタジオでした。本番前に練習させてくれたり、子どもたちにジュースをくれたりと変わった会場。しかし、まこが「ここはいやだ」と言い出して、落ち着かないまま本番が始まったらやはり失敗してしまいました。どうやらピアノの中の部品が動くのが気になってよそ見をしていた様子。この会場では合格者は1人だけで、それは予選のとき出会って足台を貸してくれた上手な男の子でした。
先生の計画では、本選1回目で合格しておいて2回目は全国の練習のつもりでいたので、難し目の新しい曲でエントリーしてしまっていました。予定が狂ってしまい、新しい曲はまだ全然仕上がっていません。本番4日前のリハーサルを見て、先生はこれはまずいと思われたようで、直前3日間は毎日レッスンに来るようにと言われました。週1回でも、仕事の後に子どもたちを連れて出かけるのは大変ですが、ここは踏ん張りどころ!と仕事を早退させてもらったりして、なんとか通いました。
ベーテン4.jpg
そして本選2回目。先生からお借りした重たい足台をスーツケースに入れて、電車で船橋へ。まこは緊張していたのか、演奏は間違いだらけでした。まあ、とにかく終わったし、頑張ったよ。よかったねー、と一旦金町に戻り、さっちゃんを保育園にお迎えに行って再び結果を見に船橋へ。当然落ちたと思っていたら、なんと合格!審査員によって随分採点の仕方が違うようです。同じ教室から出場した4年生の女の子のママから「お母さん頑張ったよね」と言われて思わず涙が出そうでした。本当は頑張ったのはまこなんですが。お祝いに3人でお寿司を食べて帰りました。
ベーテン3.jpg


4歳の誕生日&餅つき大会 [育児]

先週、さっちゃんはめでたく4歳になりました。当日は私の研修が入ってしまっていたので、1日遅れでの誕生会。
本人のリクエストにより、こんなケーキを予約しました。
4歳誕生日.jpg

プレゼントは更にその翌日購入。自分で選ばせたらプリキュアのドールハウスが気に入り、「もうこのプリキュアは今月で終わるんだよ」と言い聞かせたものの、決意は揺るがないので、それに決定。番組終了間近なので少し安くなってました。

さて、この週末は学童の餅つきというイベントがありました。親子全員で参加し、私はお手伝い役だったので、外でかまど番をしたり、餅つきに合いの手を入れたり。こどもたちは餅をちぎってきな粉やあんこにまぶしたり、粘土感覚で楽しんだ様子。
4歳誕生日3.jpg

できあがったお餅をいっぱい食べました。
4歳誕生日2.jpg

親子でジョギング大会 [育児]

週末に金町地区「ロードレース」というジョギング大会がありました。
今度、小学校でもジョギング大会があるため、練習で出てみたら?ということで、「500m親子ロード」にぱぱ&まこの名前で勝手にエントリー。友だちに聞いたところによると、親たちが本気を出して子どもを引きずるように全力疾走するのだとか。
当日の朝早く、出場者2人は先に江戸川沿いの広場に集合しましたが、始まる前からまこが転んで膝を擦りむいたという連絡がきたので、消毒薬と絆創膏を持って応援に行きました。
小学校、中学校の関係者の他、いろんな少年野球チームの子どもたちもユニフォームを着て走っており、コーチたちが怖い声で声援を送っています。あの子たちはレースのあと練習かな?
親子レースがようやくスタートし、まこたちは最初から後ろの方を走っているなと思っていたら、折り返して戻ってきたときは更に後ろの方でした。
普段は走る機会なんてほとんどないから、やっぱり運動不足なんだろうな・・・。学校のジョギング大会は3kmなので走りきれるのだろうか?とこちらが不安になります。

そして、脱力していたのか、帰り道にも自転車で転んで腕を擦りむいていました。しっかり!!
水元公園.jpg
写真が取り込めなかったので、最近行った水元公園のを載せます。


7歳おめでとう! [育児]

10月28日はまこ7回目の誕生日でした。
7歳.jpg
小学校に入って今までと環境ががらりと変わり、クラスや学童でいやな目にあったりもしましたが、近頃では少し処世術も身につけてきて元気にやっています。仲良しの友だちもできました。(男女とも)
担任の先生からは「笑っちゃうぐらいマイペースよね」と嫌みを言われたりもしますが・・・親としては軽く受け流すことにします。もうちょっと忘れ物が減るといいけどね。がんばれ!
7歳.jpg
今年のプレゼントは自転車。
本人の希望は無視しました。でも喜んでます。